最新情報

 
  1. 7月16日㈯ 18:30 開演 (18:20 開場予定) (終了致しました)

  2. 菊池寛実記念 智美術館 「秋山陽 アルケーの海へ」展 関連イベント

  3. ナイトミュージアム 2016   軽井沢高原文庫 軽井沢演劇部朗読会

  4. 朗読劇「古事記物語」 福永武彦作

  5. (於: 菊池寛実記念 智美術館  B1 展示室) (東京都港区虎ノ門4-1-35)

  6. (出演: 矢代朝子・ 山本芳樹(Studio Life) ・ 岩﨑大 (Studio Life)・ 坂本岳大)


★閉館後の展示室を会場に作品と共に催しをお楽しみいただく、ユニークなイベントです。

         3回目の登場となる、軽井沢演劇部。今回は日本最古の物「古事記」を、

         詩人、作家でもある福永武彦が親しみやすく訳したものを、朗読劇にいたします。

       展示室が一夜限りの劇場となり、美術作品の中で、神話の世界が繰り広げられます。


++KEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEB++

〜2016年の活動予定〜

(2016.9UP)

☝部員紹介
<2016年>  news!!
11月18日(金)・19日(土)  軽井沢高原文庫 軽井沢演劇部 朗読会 「ある死刑囚の手紙」
                                          (於:東京、明大前 キッド・アイラック・アート・ホール)
                                                (出演:坂本岳大、 岩﨑大 (Studio Life)、 山本芳樹 (Studio Life) 、矢代朝子)
          ●プログラム●  
        朗読『ある死刑囚の手紙』 
                    「ある死刑囚との対話」(加賀乙彦 著)・「死の淵の愛と光」(加賀乙彦 編)より
                            各回出演者によるアフタートークあり  ★ゲスト 加賀乙彦 (18日のみ)
           日時
           11月18日(金) 19:00 開演(18:30 開場)
           11月19日(土) 13:00 開演  (12:30 開場 )/17:30 開演 (17:00 開場)
◎この公演の詳細及び ご予約に関しましてはこちらをご覧下さい。
http://hws8.spaaqs.ne.jp/tokitoki-k5/K-5/kiddo161118yu_yue.html
  1. 1953年に起きた「バー・メッカ殺人事件」の犯人 正田昭が、獄中より若い女性教師に綴っていた手紙の

  2. 朗読『死の淵の愛と光』は、 これまでさまざまな会場で 軽井沢演劇部が上演し、好評を博しました。

  3. 今回はさらに、作家であり精神科医でもある加賀乙彦との書簡『ある死刑囚との対話』を加え、 新しい

  4. 朗読作品として、死刑囚正田昭の内面に迫ります。

  5. いつ訪れるかわからぬ死と向き合いながら、死刑当日の朝まで書き続けていたそれらの手紙を、

  6. 軽井沢演劇部がフルメンバーで朗読いたします。


  7. 本年で閉館となる、歴史あるキッド・アイラック・アート・ホールの最後を飾る公演となれば

  8. 幸いです。

++KEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEB++

☟ ☟ ☟ こちらの朗読会は全て終了致しました。 ご来場頂き厚くお礼申し上げます。  ☟ ☟ ☟

++KEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEB++


  1. 7月23日(土)・24日(日)    13:00/17:00  (終了致しました)

  2. 軽井沢演劇部 朗読会 2016

  3. 『睡鳩荘で聴く美しい言葉・朗読と話芸』

  4. (於:軽井沢タリアセン内・旧朝吹山荘「睡鳩荘」)

  5. (出演:山本芳樹(Studio Life)・坂本岳大・矢代朝子  /ゲスト 三遊亭圓馬(23日のみ)


★今年5周年を迎える軽井沢演劇部、朗読と話芸の可能性を探ります。


  1. ● 23日は、軽井沢演劇部スタートの上演作品、ヘルマン・ヘッセ「少年の日の思い出」(岡田朝雄訳)と、

  2. 北杜夫作品をもう一度。そして落語家、三遊亭圓馬氏をゲストに迎え、「少年の日の思い出」を、

  3. 落語版でご披露いたします。また、落語「寿限無」を朗読劇に!

  4. 日本固有の話芸と俳優ならではの朗読、お聞き比べ頂きます。


  1. ● 24日は、これまでの朗読で好評だった作品の、名場面の抜粋シーンを中心に朗読いたします。

  2. 加賀乙彦作、「雲の都」の一部も、加賀館長の解説と共にお聞かせします。

  3. 初夏の睡鳩荘、今年も軽井沢演劇部の朗読とトークで、お楽しみください。


  1. プログラム●               

  2. 7/23(土)  13:00   北杜夫 「詩人の蝶」「まんぼう、想い出を語る」     

  3. 朗読版 「寿限無」

  4. 落語版 「少年の日の思い出」(三遊亭圓馬)


  5. 17:00   北杜夫 「詩人の蝶」「まんぼう、想い出を語る」

  6. 朗読劇 「少年の日の思い出」

  7. 落語版 「少年の日の思い出」(三遊亭圓馬)


  8. 7/24(日)  13:00    遠藤周作 「ルーアンの丘」

  9. 朗読版   「寿限無」

  10. J.ジロドゥ「トロイ戦争は起こらない」 


  11. 17:00   遠藤周作 「ルーアンの丘」

  12. 加賀乙彦 「雲の都」(作者解説トークと共に)

  13. J.ジロドゥ「トロイ戦争は起こらない」


++KEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEB++

 
  1. 7月29日(金)・30日(土)    14:00開演 (13:00 開場) (終了致しました)

  2. シェイクスピア没後400年記念    2016年 軽井沢朗読館版 

  3. 夏の夜の夢 —森のおはなし— 』

  4. 訳・河合祥一郎/音楽・後藤浩明— 

  5. (於:軽井沢朗読館)(長野県北佐久郡軽井沢長倉千ヶ滝 6056-1

  6. (出演: 加賀乙彦  /  青木裕子

  7. 山本芳樹 (Studio Life) ・ 岩﨑大 (Studio Life)

  8. 坂本岳大  ・ 土田 卓(弾丸MAMAER)・ 矢代朝子

  9. / 町田育弥(演奏)     そして、朗読館近辺に住む野生動物たち〜


  1. 一昨年8月に、たった1回だけ上演し、再演希望の声が多かった作品が、ついに帰ってきます。

  2. 本年はシェイクスピア没後400年にあたり、それを記念した、夏の軽井沢では唯一のシェイクスピア作品の

  3. 上演です。

  4. 大自然に囲まれた、軽井沢朗読館で繰り広げられる、「夏の夜の夢」、翻訳の河合祥一郎氏、

  5. 音楽の後藤浩明氏の協力を得て、台本、音楽共に、前回よりさらにバージョンアップ。

  6. 劇場では決して味わえない、朗読館版「夏の夜の夢」、どうぞご期待ください。


++KEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEB++

☞HP

HP

http://kogenbunko.jp/event/?p=536
☞智美術館HP

智美術館HP

☞軽井沢朗読館のHP

☞軽井沢朗読館のHP

http://karuizawaroudokukan.jp

map

http://karuizawaroudokukan.jp/%E8%BB%BD%E4%BA%95%E6%B2%A2%E6%9C%97%E8%AA%AD%E9%A4%A8%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/#access
bu_yuan_shao_jie.html
http://www.musee-tomo.or.jp/
http://www.kidailack.co.jp